除雪から開放されて、快適な暮らしを。
早起きして行う除雪、疲れて帰宅した後も待ち受けている除雪、高齢になってからのつらい除雪・・・。今年こそ、そんな除雪から開放されて快適な冬を過ごしませんか?

 

どんなに寒いときでも、空気は熱エネルギーを持っています。

ヒートポンプは冷媒ガスが屋外の空気の熱エネルギーをくみ取り、それを圧縮機で加圧することで冷媒を高温にし、熱交換機で融雪用の温水をつくり出します。

圧縮機を回すための消費電力よりも、屋外の空気からくみ取る熱エネルギーの方が大きいため、効率よく温水をつくることができ、電気代がおトクです。

効率のよいヒートポンプ方式のため、ランニングコストが低く抑えられます。

さらにCO2排出量も少なく、家計にも環境にも配慮し た融雪用温水ロードヒーティングを実現します。

 

標準路盤構造図

 

ヒルコのロードヒーティング おすすめポイント1

スイッチひとつで省エネ&自動運転!
降雪センサ「エコ」

地温センターで保温運転しながら雪を待機。降雪センサが雪をキャッチするとロードヒーティングが作動します。就寝中や留守中の降雪にも安心です。

 

ヒルコのロードヒーティング おすすめポイント2

選べる表面仕上げで、お住まいを演出!
レンガブロックやアスファルト、インターロッキング、コンクリート、タイルなど、建物の外観に合わせた表面仕上げがお選びいただけます。ロードヒーティングの融雪効率をより高めるヒルコオリジナル薄型レンガブロック、薄型インターロッキングブロックなどがお勧めです。

ヒルコのロードヒーティング おすすめポイント3

オリジナル排水溝で、融けた雪もスムーズ!
融けた雪が排水溝で詰まってしまったら大変です。でも、ヒルコなら安心。オリジナル排水溝にはヒーティングを施し、流れた水が凍ることはありません。

■ロードヒーティング施行例